読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE WORLDLINE OF CAPTAIN;ONZAN

スクストと映画記事が多め。観たものやったことを書いてくよ。

あなたにはこの世界、どんな風に見えますか【この世界の片隅に】

いよいよこの感想を書く時が来た(特に理由は無い)

 

「 こ の 世 界 の 片 隅 に 」

個人的に、 君の名は。と肩を並べる作品。

f:id:onzanonki:20170118230821j:plain

渋谷にあるユーロスペースにて。

 

 

 

さて、感想だけど、

素晴らしい映画だったよ。

 

戦時下が舞台なんだけど、「戦争映画」じゃないんだ。

主人公のすずさんと、その周りの人達の「日常映画」

みんな普通に生活している。

小さな幸せを感じながら、いろいろ失敗をしながら生きている。

今の時代の僕らと同じ。

 

笑って、泣いて、凹んで、愛し合って。

その時代に、たまたま「戦争」があったというだけ。

段々とその存在感は大きくなっていくけどもね。

 

 

観る前は「昭和二十年」「広島」という言葉から、

あぁ、「火垂るの墓」みたいな悲しくてかわいそうな話なのかなと勝手に思ってた。

 

 

でも、全く違ったんだ。

楽しく生きよう、という暖かい気持ちにさせてくれる映画だった。

 

笑えるシーンもいっぱいある。

すずさんがいろいろやらかす場面とかね。

それでほんわかした笑いというか、微笑ましい気分になるというか。

 

戦局が悪化していくと、

さすがにそういうシーンは少なくなっていく。

代わりに、すずさんや周りの人達が急に逞しく見えてくるんだよね。

どんな状況になっても生きていく。

前を向いて生きていく。

すずさんは、映画の中で「うちも強うなりたいよ」って言ってたけど、

もう十分強い女性になっていると思うんだ。 

 

 

 

あとは、何と言ってもこの台詞でしょう。

 

「ありがとう、周作さん。この世界の片隅に、うちを見つけてくれて。もうはなれんで。ずっと一緒にいてください」←のわりにうろ覚え

素敵すぎるよね。こんなこと言われてぇ。

 

そしてこれは最初から最後まで言えることだけど、

のんちゃんの演技が素晴らしい。

完璧すずさんだったね。

 

 

 

f:id:onzanonki:20170118231329j:plain

入場特典のすずさんキャラメル!早起きして観に行ったよ!

 

 

あとサントラ買いました。

「たんぽぽ」を聞いているだけでスタッフロール時の感動が目に浮かんでくるよ。 

 

 

 

 

結論!

傑作!!

見るべし!!!

 

 

終わり!!!! 

 

see you next entry!→