読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE WORLDLINE OF CAPTAIN;ONZAN

スクストと映画記事が多め。観たものやったことを書いてくよ。

沈黙 -サイレンス-

映画

最近あまりに忙しすぎて、書く時間も気力もなかったが……今日はいける!

 

 

というわけで、『沈黙 -サイレンス-』を観た。

 

 

面白いか面白くないかと言えば、面白かった。

ただ、面白い映画というより、いろいろ考えさせられる映画のような気がした。

ちなみに、原作は未読です。

 

 

主人公ロドリゴは、ポルトガルの司祭。

舞台はキリスト教が弾圧下にある日本。

(日本にも隠れて進行している人はいるが、奉行に見つかると処刑されてしまう。

処刑・拷問シーンがちょくちょく出てくるので、苦手な人もいるかもしれない)

 

 

ロドリゴは同じ司祭のガルぺと共に、日本で棄教したという師を探しに日本に行く。

そこで隠れ切支丹と出会い、彼ら隠れ切支丹が住む村の祭祀を請け負うこととなる。

だが途中で奉行に隠れ切支丹がいることがバレてしまい、四人が処刑される。

ロドリゴとガルぺは他の村に移動したりするんだけども、最終的には捕まってしまう。

連れてこられた先には、他の場所から捕らえられた隠れ切支丹も大勢いた。

奉行は、ロドリゴに棄教するよう促す。

棄教させることによって、他の隠れ切支丹の精神的支柱を無くそうと考えたのである。

時間が進むに連れ、主人公の目の前で隠れ切支丹が殺されていく。

ロドリゴが祈り、葛藤している間も、主は沈黙を保ったままであった。

 

すんごいざっくりしたあらすじ。

どっか間違ってたらすんません。

 

 

 

この映画にはタイトル通り、『沈黙』が多く出てきた気がする。

主の沈黙。

村人の沈黙。

主人公の沈黙。

 

結果的には、師と同じくロドリゴも棄教してしまう。

 劇中の言葉を借りると、『転んだ』。

 

 

僕は無神論者だからはっきりはわからないけど、自分の信じているものを捨てるといつのは相当覚悟がいることなのだろうな。

現代みたいな、いろいろなことが科学で解明されていない時代であれば特に。

 

信念を貫いて死ぬか、適応して生き残るか。

 

 

 

劇中の日本人切支丹の中で最重要人物は、キチジローだろう。 

キチジローは踏み絵を躊躇なく何回も踏んだり、脅されたとはいえ主人公を奉行に売ったりと、とても敬虔なキリスト教徒とは言いがたい。

だが、結果的にキチジローは最後まで神を信じその教えを捨てなかったんだなあ。

 

 

 

主人公はというと、前述のように棄教はしてしまっているのだけれど、死亡し火葬される時、彼の手にはモキチから貰った十字架があった。

 

そこで本編は終わる。

死んでようやく束縛から開放され、信仰の自由が許された、ということだろうか。

 

 

エンドロールも歌は特に流れず、自然の音色のみの構成。

最後まで『沈黙』な作品であった。

  

上映時間の長さからちょっと観に行くの躊躇してたけど(笑)、行ってよかったです。

2時間40分くらいかな?退屈せず鑑賞できた。

 

 

 

 

 

ところでパードレ、僕も一つ告解します。

 

 

エンドロール、途中で寝てしまいました……

 

 

see you next entry!→