THE WORLDLINE OF CAPTAIN;ONZAN

スクストと映画記事が多め。観たものやったことを書いてくよ。

LA LA LAND【ラ・ラ・ランド】

ラ・ラ・ランドを鑑賞した。

この映画、注目度が高いせいか、いつも混んでるから朝一番の時間で行ったよ。

それでもそこそこ人いたけどね。

 

 

ミュージカル映画だけあって、画面が賑やかだったね。

最初の高速道路のシーンはものすごくワクワクした。

興奮した。スクリーンに引き込まれたよ。

このスタートは、最近観た映画の中でも群を抜いていると思う。

 

 

ストーリーはいたってシンプル。

夢を追っている男女二人、セブとミアが恋に落ちる話。

セブは、ジャズが好きで、自分の店を持つのが夢。

ミアは女優の卵。いくつもオーディションを受けているけどうまくいかない。

 

セブは、葛藤と迷いを経て、昔の友人のバンドに入って、元々やりたかったジャズとは違う音楽を始める。

まあ、これはミアのことを考えてのことなのだけどね。主に収入面で。それまではフリーターみたいなもんだったからね。

ミアは、自分一人だけの舞台を企画して上映するのだけども、客は少ない、悪口は聞こえてくるで自信を無くし、田舎に帰ってしまう。ところが、その一人舞台を見た配役会社のプロデューサーから、新作映画のオーディションの誘いがあり……

 

と、お互い紆余曲折を経て、最終的に二人は夢を叶える。

ただ、隣にいるのはお互いではないと。

ミアは他の人と結婚して、子どももいる。

セブは結婚してなさそう。自分の店の仲間たちと楽しく過ごしているのだろう。

ハッピーエンドというよりは、大団円という言葉のほうが似合う。

 

 

 

 

ちなみに、僕は他のミュージカル映画を観たことが無い。

 

なので他の作品と比較して観ることができなかったが、

ミュージカルの部分が意外と少ないな、と思った。

いや、前半は結構皆さん歌って踊ってたんだけども、

後半はそんなになかったかな?

 

個人的には、後半にもっとミュージカルシーンがあればよかったな、と思ったんだけど、多すぎてストーリーが皆無になってもダメだしね。うーむ。

後半の展開は、僕がイメージしていたものとちょっと違ったかなー。

始まりのシーンが素晴らしかっただけにね。

あとはストーリーがシンプル過ぎて、途中ちょっと退屈に感じてしまった。

 

 

 

鑑賞中に一番思ったのは、

 

ミュージカル映画って、撮影大変そうだなー

 

ということ。

ストーリー関係ねえ!(笑) 

 

歌って踊らないといけないし、カメラワークも難しそうだし、入念にリハーサルするんだろうなあ。

 

 

 

 

以上、僕はイマイチ乗れない映画となりました。

僕にはミュージカル映画は合わないのかなあ?(笑)

 

 

 

 

See you next entry!→