読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE WORLDLINE OF CAPTAIN;ONZAN

スクストと映画記事が多め。観たものやったことを書いてくよ。

新海誠監督作品鑑賞会【秒速、言の葉、雲のむこう】

君の名は。で一躍時の人となった、新海誠監督の過去作品を、「星を追う子ども」以外一気見した。「ほしのこえ」は鑑賞済みなので除外。

新海誠作品のauビデオパスの配信終了日が3日までだったのに夕方くらいに気付き、慌てて観た(笑)。「星を追う子ども」はあと一年あったから、とりあえず後回し。

 

 

本日観たのは、三つ。

感想も交えて書きます。

 

 

秒速5センチメートル

 

何だこれ……なんてまぶしいんだ……

 

そして、最後のあの終わり方なんだ……

 

 

秒速5センチメートルは、全三話からなる。

第一話、桜花抄

第二話、コスモナウト

第三話、秒速5センチメートル

 

 

一話、二話は学生時代の話で、青春!青春!!って感じ。

甘酸っぱいというか、こんな女の子いたらなあ……なんて思っちゃったよ(笑)

貴樹は、結局明理をずっと好きだったということでいいのかなあ。

というより、忘れられない感じかな。

 

三話目では、貴樹は日々に流される社会人になっているけど、

そこリアルにしなくていいから!(泣)

勘弁してください。今すんごい実感してるから。

 

あと明理と結婚しとけよお……

最後の踏切で顔を合わせない終わり方は、「君の名は。」と対象的だよなあ。

まああれで踏ん切りついたんだろうな。踏切だけに。

 

 

言の葉の庭

雪野さん可愛い。年齢含めて。

昼間からビール飲んでる、というスタートは最悪だけど(笑)

まあそれは置いといて、時間が経つにつれての心境の変化がええのう。

雨の日が楽しみになるほど、その時間が大切なものになっていく。

「梅雨が明けてほしくなかったな……」とか口に出るほどに。

どうでもいいけど、東京ってあんま雨降らんよね(笑)

日々の何気ない交流で、雪野さんの心の傷が治っていく。

 

タカオを振るシーンは、なんか大人な対応だ……と思った。

「ごめんなさい」とかは言わないんだよね。

「雪野さん、じゃなくて先生でしょ?」って。

雪野さんはめちゃくちゃうれしかったと思うんだよ。でも、やっぱりいろいろあって、「はい」とは言えないんだろうなあ。

 

そういうもやもやが、最後の爆発に繋がるんだろう。

タカオが先輩たちに向かっていくシーンもかっこいいぞ。

 

 

雲のむこう、約束の場所

個人的に、今日見た中で一番かなあ。終わり方もいいし。

SF要素が入ってるけど、よく分からんわ!(笑)

ほしのこえ」もそうだったけどね。

まあ、新海監督の作品はSF要素あっても、それが話の主軸じゃないからあまり問題ないけど。

 

主人公の二人、なかなか有能だな。

あの飛行機飛ばした最後とかも、彼ら高校生だよね?

特に拓也なんかは、研究員の仕事も手伝っているみたいだし……

銃も持ってるし、社長とテロ行為に走ろうとするし。

この三年間で何があったんだよ。

十年経っててもおかしくなさそうな成長してるぞ。

 

 

好きな女の子と世界の秩序、どちらを取るか?

この作品には、そういった究極の選択があった。

男なら、女の子っしょ!

……まあ、塔もぶっ壊すから、結果的にどっちも救ってるんだけど(笑)

 

 

観終わった後、wiki観たんだけど、

「十数年が経ち、大人になった浩紀は(中略)、隣には誰もいなかった」。

こんなシーン最後にあったっけ……

 追記:見返してみたら、最初のシーンかな?これ。

え?じゃああの後どうなったんだよ。なんであんなもの悲しげなんだよおおお?

 

 

【総評】

どの作品も、鑑賞後もやもやしたものが心に残る。

君の名は。」みたいな、分かりやすい展開でハッピーエンド!というものではない。

万人受けするかは、確かに微妙かもなあ。

僕はこういうの大好きだけど(笑)

 

 

星を追う子ども」は、次の休みにでも観ようかな。

てか、これ書いている間に日付変わったんだが、ビデオパスの配信期間延長されてるな……「ほしのこえ」以外。

なんで!?

せっかくなんだから全作品延長しとくれッ!!!

 

 

 

See you next entry!→