THE WORLDLINE OF CAPTAIN;ONZAN

スクストと映画記事が多め。観たものやったことを書いてくよ。

僕とメタルギア 第一回

ふと書きたくなったので、メタルギアの話をする。

 

多分長くなるので、分割記事にしようかな。

今日は一回目。僕、恩山が初めて遊んだメタルギアの話。

 

 

話は高校時代に遡る。

某時期、暇を持て余していた恩山は現状を打破すべく、ある質問をゲーム好きの友達S君にぶつけた。

 

恩山「ねーねーデビルメイクライメタルギアどっちが面白い?」

 

S君「んーメタルギアかなあ」

 

恩山「そっかー」

 

 

その二つ、そもそもジャンルが全然違うよ!と今になって思う。

 

しかし、このアホみたいな問いから全てが始まったのである。

ちなみにデビルメイクライは操作性が合わず断念しました。

 

 

さっそく僕はソフトを買うことにした。

当時は恐らく3か、PortableOps まで出てたと思う。

 

さて僕は最初、どのナンバリング作品を買ったでしょうか。

 

 

 

 

 

 

僕にとって最初のメタルギア。それは、

 

METAL GEAR SOLID 2  Substance だった。

 

 

2かよ!しかも英語版かよ!

ここでも突っ込みどころ満載である。

時系列後ろの方だし、大塚明夫ボイスじゃないし。

完全版らしいし、英語のゲームとかかっこよくね?という、何ともアホな理由で選んだ。

 

 

さて、そんなこんなでソフトを購入。

いざ!メタルギアの世界へ!

 

と意気揚々と始めた恩山。

 

 

 

(;´Д`)<登場人物わかんねえ……

 

(;´Д`)<このオセロットって誰やねん……

 

 

まあこうなるよね。

さらに英語音声という点から、キャラの印象も頭に残りづらく、覚えられない。

 

 

そしてメタルギアの売りの一つ、重圧なストーリー。

これも、前作をやっていないことが大きく響いた。

スネークが伝説の傭兵というのも良く分からんし。

シャドーモセスの再現と言われてもピンとこないし。

忍者出てきても「ふーん」としか思わなかったし。

 

最後のソリダスや、大佐AIの長話も、英語だとなかなかきついものがあった。

寝たもん。最初やった時。

 

 

というわけで、なかなか散々な結果となった。

でもまあとりあえず及第点には達していたので、

「じゃあ他のやってみるか」

という気持ちとなるには十分だった。

 

 

次に遊んだ作品から、僕はメタルギアシリーズに本格的にのめり込むことになる。

最高傑作との呼び声も高い、スネークイーター作戦だ。

 

 

次回、「僕とメタルギア 第二回 Snake Eater編」

乞うご期待。

 

See you next entry!→