読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE WORLDLINE OF CAPTAIN;ONZAN

スクストと映画記事が多め。観たものやったことを書いてくよ。

映画鑑賞にハマるきっかけとなった映画その1

映画

 

さて、記念すべき一回目の記事は、

映画感想の記事にします。

 

今年の夏頃から映画鑑賞にはまって、休みの度に映画館に足を運ぶようになったんだけど、 

そのきっかけになった作品が2つあるんだよね

この2つを観ていなかったら、映画鑑賞にどっぷりになることは多分なかっただろうな。 

今回はそのうちの1つの感想をつらつらと書くよ。

 

 

 

さてその1つ目はというと……

 

 

 

君の名は。your name. 

なんだよね。  

 

 

興行収入200億円突破おめでとうございます。

いやーすごいよね。邦画だと千と千尋以来だそうで。

 

 

ちなみに今日発売日だったので、買いに行ったよ。

 

f:id:onzanonki:20161210001219j:plain

  

第2弾パンフレットね。

 

Collection of interviews と銘打っているだけあって、内容はスタッフ・キャストのインタビュー集だった。

個人的には、キャストよりスタッフの話が気になる。

 

 

 

 

これより下記、微妙にネタバレあるので、観ていない人は注意!

 

 

 

 

 

この映画、とてもシンプルな話だよね。すごくわかりやすい。

 

糸守が無くなっていたことが判明したところから、物語が急加速する。

 

あのシーンはビリビリッとした。

キタキタキター!!!ってなった(笑)

個人的にはこういうタイムトラベル、タイムリープもの大好きなんだよ!

というより、SFが好きなんだよ!!!

 

 

 

まあSFうんぬんはともかく……

ただ入れ替わっていただけじゃなかったんだねえ、と。

 

そんで、瀧が探していた時には、もう三葉は死んでいることも判明。

……なるほど、これはヒロインの女の子(とその子の日常)を救う話なんだなと分かるわけですね。

 

 

三葉かわいいよね。

東京の電車のところたまらんわあ

 

 

 

 

糸守町がなくなっているのが判明したシーンと、

片割れ時で二人が再会するシーンが個人的に大好き。

 

 

 

小説も、2冊とも読んだ。

Another sideは、三葉父の話がよかったね。

 

風景描写もすごくきれいだし、映画館で観てよかったと心から思ったよ。

 

12月9日現在、3回鑑賞しました。

上映終了までにあと1回は行こうと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

しかし最後に一つ言わせてほしい。

 

 

てっしー、ここさけの坊主にしか見えねえ!!!

(キャラデザ同じ人ですよね) 

 

 

 

see you next entry!→