THE WORLDLINE OF CAPTAIN;ONZAN

スクストと映画記事が多め。観たものやったことを書いてくよ。

「ローグ……ローグワンだ。」【ローグ・ワン スターウォーズストーリーを観たよ】

ローグ・ワン スターウォーズストーリー観てきました!

 

 

ちょっと前に、今までのシリーズを一気見したって記事書いたけど、

一気見しててよかったです。

 そう思わされるくらい、楽しめました。

lifeisuncertain.hateblo.jp

 

 

 

以下、軽くネタバレあるので観てない人は注意。

 

 

 

 

 

ストーリーは、反乱軍が帝国の究極兵器(デス・スター)の設計図を盗む、というもの。

文字にすると至極単純な話。

EP4で、最初のあらすじでさらっと書いてあるところだね。

 

 

今回の話は、ジェダイはオビ=ワンとヨーダ以外は死亡している。

そんで、その二人はそれぞれ別の惑星に引きこもっている(よね?多分)。

 

だから、このローグ・ワンには、

ジェダイは一人も出てこない。

主人公も、普通の人間。

他の登場人物も普通の人間だし、フォースとライトセーバーを使う人物も一人しかいない。

 

ライトセーバー同士の戦いは無いから、それを期待しているとがっかりしてしまうかもしれない。

その代わり、戦闘機同士のドッグファイトや、兵同士の銃撃戦が盛りだくさん。

 

 

 

 

いやあ、EP7より楽しめた(笑)。

 

まさに戦争してる、って感じ。

敵味方問わず人がバッタバッタと死んでいく。

ストームトルーパーは相変わらず無能が多い(笑)

 

反乱軍のメインキャラはこの任務でみんな死んじゃうもんなあ。

それだけ大変な任務だったということだね(小並感)

ここから「新たなる希望」が生まれたんだと思うと、グッとくるものがあるね。。。

 

 

特筆すべきは、EP4につながる最後のシーン。

ここはガツーンときたね!!!

ダースベイダーの「奴らの船に乗り込むぞ」って台詞で1ガツン

僕「おお!?まさかまさか……」

 

ダースベイダーが大暴れするシーンで2ガツン

僕「ライトセーバーきたー!フォースきたー!ベイダー卿つえええええ」

 

最後の最後でレイア姫が出たシーンで3ガツン

僕「おおおめっちゃそっくり!!」←CGだそうですね。全く分からなかった(笑)

 

 

 

あとは、細かい部分もうまく補填できてたかな。

EP4観た時、デス・スター「こんな欠陥あっちゃダメだろ……」って思ったんだけど、わざと弱点を残していたんだね。父ちゃんの必死の抵抗だったんだね。

メタルギアREXにわざと弱みを付けたオタコンみたいだ(全然違う)

 

 

少しだけ不満を述べるとすれば、登場人物の背景があまり伝わってこなかったかな。

まあ尺が足らないんだろうけど。

 

あとはそうだなあ、

スターウォーズの世界の人間は宇宙でも呼吸ができるようだな。

と思った。これは言ってもしゃあないか(笑)

 

 

 

展開的にはノンストップでドンドン話が進む感じだったね。

戦闘シーン盛り沢山だし、退屈するシーンや中だるみは全然なかったように思う。

 

 

 

 

あと、この映画は是非4DMXで観ることをオススメしたい。

 

戦闘機が飛んでいるシーンで座席がすごいガタガタ揺れるんだけど、すごく作品世界に入り込めたというか、効果的に使われていたと思う。

今思うと、インフェルノは4DMXで観る必要全くなかったなあ……

 

 

 

というわけで、12月にドーンときたスターウォーズ最新作。

 

観て損はないです。

スターウォーズ観たことない」という数週間前の僕のような人、

EP4だけ観てから映画館へ行きましょう。

 

 

今日は吹替だったから、後日字幕も観よっと。

 

 

See you next entry!→